タロ子の頭の中

最弱女子の雑記。

サマーソニック2017BABYMETALレポートー東京編ー

どーも!サマソニ2017を楽しんできたタロ子です。

 f:id:katemetal:20170825093251j:image

少しイロモノ的な扱いがあるしアイドルには興味がないとおっしゃる方もいるので、ガチメタルファンやロックファン、ダンスミュージックファンの人たちがどんな感想を持つのか少々不安でしたが「BABYMETALよかった!」と周囲の友人たちは次々に好意的な印象を語ってくれて大変安心しました。

物販レポート

https://twitter.com/babymetal_japan/status/897763329804042241

BABYMETAL公式の事前発表にあった写真を見てひと目ぼれ!これは絶対買うと決めて朝は早起きしていくぞ!と誓った筆者。当日の様子をレポートします。

戦いは朝6時から始まっていた。

Twitterをみると会場のリストバンド交換列では朝6時ごろから並んでた人もいたようで、寝坊してしまった筆者は焦って電車に飛び乗ります。駅からダッシュしたりしつつとにかく会場を目指します。

8:30から並んだ結果

予定では7時には並んでるつもりだったのですが、完全なる寝坊でBABYMETALの物販列についたのは8時半。焦る。買えないかも・・・!募る不安!

BABYMETAL物販列のみ別に分けられ物販開始を待ちます。この時点で100人くらいいたのかな?一人一枚の規制があるとはいえ、プラチナチケットを持ってる人はファストパスで買えることを考えると、一般チケットの筆者はまさかの売り切れを食らう可能性がありました。

9:00販売開始

列が進むまではまさかこれ2時間待つコースかもと思ってたのですが、少しずつ列が動きだして割と進むのが早かったから「これは1時間ぐらいで買えるかな?」と印象を受け、ほっと胸を撫で下ろしました。近くでDJが名曲ロックを流してくれたのでとても楽しく物販列は待っていられました。周囲の方は本を読んで待ってる方ら数人見受けられました。有意義な方法ですね。

物販列でファン層チェック

f:id:katemetal:20170825093600j:image

ファン層の印象としては大変幅広く小学生くらいのお子様から白髪の紳士までおり、全体的に男性の割合は多いものの以前よりは女性ファンが増えたように思います。皆さま歴代のBABYMETALのTシャツをお召しになっておりそれはさながらBABYMETALTティーシャツ展のようだ!!これは見てるだけで楽しい!皆さまそれぞれレアなTシャツを着ていたのでガチなファンが多かったように思います。

10:00購入完了

約1時間半並んだところでやっと買えました。この時点でSサイズが売り切れておりちょっと意外。筆者のイメージではLサイズが一番人気だと思ってたんですけどね。

今回のデザインは非常に可愛らしいので女性にオススメですし、Sサイズ買って女性にプレゼントするのかな?(妄想)

10:30売り切れ

Twitter情報だと10時半ごろ売り切れたようです。あ、危なかった・・。前日の大阪サマソニでは14時の売り切れと聞いていましたし、去年の大阪では余裕で買えたとの情報を友人から聞いていたのでちょっと余裕かなと思ってたのが「寝坊」なる形で現れてしまった。。よかったー!駅からダッシュして!

開始2組前・ロイヤルブラッド

BABYMETALファンだと2組前くらいから待機してるのかなと思って見てたんですが、意外とロイアルブラッドではってるファンはいなかったように思います。

開始1組前・マンウィズアミッション

https://twitter.com/babymetal_japan/status/898862504708775939

筆者はスタンドでまったり見てたのでアリーナの詳細はわかりませんがもはやマンウィズファンなんだかBABYMETALファンなんだかわかんないけどとにかく前方エリアは大盛り上がりしてたようには見えました。さすがですマンウィズさん。

BABYMETAL開始

f:id:katemetal:20170825093307j:image

スタンドでまったりBABYMETAL待ちのファンたちが眠りからお目覚め(寝てる人多かった。笑)ついにリアルタイムで我々は伝説を目にするのです。

BABYMETAL DEATH

爆音が鳴り響き、ロイアルブラッドともマンウィズとも引けを取らない圧倒的な演奏でステージをBABYMETALワールドへ染め上げていきます。

筆者がサマーソニックで生のBABYMETALを見るのは初めてで、映像で「リンキンパークはこっちじゃないぞ」でおなじみのRAINBOWステージを見たことがあります。

あの時もBABYMETAL DEATHからはじまりまだ、駆け出しファンだった筆者の度肝を抜いたものです。きっとBABYMETAL初見の方もこの曲で度肝を抜かれたはず。

挨拶代わりであるこの曲で観客の心をキャッチしたBABYMETALはエンジン全開!

ギミチョコ!

日本の世間にも世界的にも火をつけたこの曲で一気に殺しに盛り上げにかかってきた!

この曲は2manyDjsソニックマニア2014で一曲目にかけた記念すべき曲!メタル界だけでなくダンスミュージック界にも愛されてる示した曲です。いつも以上にズッキュン!ドッキュン響きます!!

メギツネ

https://twitter.com/babymetal_japan/status/899244930853257216

KARATEとともにザジャパニーズなイメージを前面に出した曲がここで登場!これは外人さん嬉しいんじゃないかな。今回は着物衣装ではなく2代目フード付きタオル(頭の部分のプリントがフォックスサインの方)での登場でした

Catch me if you can

この曲名を目にするたびにレオナルドディカプリオとトムハンクスの映画を思い出してしまう筆者ですが、初めてこの曲をイナズマロックフェスでの動画を見た時の衝撃もすごかったです。まさか鬼ごっこをこんな風に曲にできるなんて!!どんな発想だよ?!

いつもながら神バンドのソロは美しく今回はドラムの青山さんのリズムがダンスっぽくて大変好みでした。BOH様のベースも天まで届くような響き。。

そして、すぅちゃん日本語しゃべる事件

日本人なのにもはや日本語で喋ることの方が大変珍しくなってしまったBABYMETAL。

2016年のロッキングオンジャパンでの日本語をお話になられたシーンは大変貴重で、もはや「一緒に歌ってくれる?」の一言を聞くだけのために茨城まで出かける価値はあると申し上げて過言ではありません。

そして2017サマーソニックで再び!日本語をお話になられた!

「ついにここまできました!」

もう泣きそうです。フードコートの小さなステージからはじまり、だんだんと大きなステージへ変わり、ついにセカンドヘッドライナーなる地位まで登り詰めたのです。

サマーソニックで日本人アーティストがヘッドライナーを務めることはありません。セカンドヘッドライナーも基本的に外国の方です。その中でBABYMETALは日本人にしてセカンドヘッドライナーを務めた。これは実質的にヘッドライナー扱いだと思います。

そしてサークルができ台風のようです。隣にいた友人は初めて大きなサークルを見たようで大変驚いてました。マンウィズでもこんなサークルはできません。

Road of Resistance

サークルで心を一つにしたところで、さらに心を一つにするシンガロングソングきました!みんなで ウォウウォウ歌います!!

KARATE

フランス革命ジャンヌダルクのように馬に乗り、旗を手に民衆を導いたRoad of Resistance。しかしBABYMETALの戦いは続きます。己との戦い。もう一人との自分を超えるためにKARATEが響く!

そして久しぶりにMV時の初期振り付けと同じく、SU-METALがMOA-METALとYUI-METALを起こします。感動!!

ヘドバンギャ

すぅちゃんが中学生・さくら学院最後の年に発表されたこの曲。あんなに小さかった、ゆいもあがこんなに大きくなってヘドバンしてます。うぅ!

イジメ、ダメ、ゼッタイ

記念すべきメジャーデビューシングル。この曲で締めて着ました。

始まる前のすぅちゃんナレーションは基本的に事前に録ってるやつを流してるのだと思いますが、今回は生なのかな?と思いました。(音響がいいので生のように聞こえただけかもしれません)

まとめ

https://twitter.com/babymetal_japan/status/898726613264719872

全編に渡って強いメッセージを感じるステージングで、ファンの思い、初見の方の思い

様々な思いが重なった感動的な日でした。サマーソニックはチケット代が少々高いです。しかしそれでもこの感動を味わうためには安かったと思います。

巨大フェスに出てますます日本のファンを増やして欲しい!海外もいいけど日本もよろしくね!

合わせて読みたい

サマーソニック2017DAY2詳細レポートー東京編ー - タロ子の頭の中