タロ子の頭の中

最弱女子の雑記。

職場で話を聞いてもらえないあなたへ。SNSでオススメ職人になろう

 

職場で話を聞いてもらえない

仕事で頑張ったら感謝されたり評価されたら嬉しいですよね。でも思うように評価されなかったり、自分の主張が通らなかったり悔しい思いをされることもあるでしょう。それは職場の雰囲気や空気にも左右をれるもので、実はすごいことしててもまったく見向きもされないことがあります。 

良いアイディアがあるのに周りが聞いてくれない

ご自身の役職やキャラクター、周囲との関係性によってはあまり耳を傾けくれないかもしれません。

例えば便利な文房具があってそれだけで作業が30分も短縮される。そんな素敵な商品があったとして、職場の人に話したとして数人が興味を示して個人で購入したとしても会社の予算で購入とまでは至らないかもしれません。 

SNSなら興味のある人が反応を示してくれる

例えばTwitterFacebookならいいね!やリツイート、シェアしてもらえる可能性があります

ブログならばコメントがつかなくても検索して見に来てくれる人がいます

それはつまりあなたが持ってる素敵な情報を必要としてる人に届けられるのです

SNSで誰かの役に立ってる満足感

例え職場で活躍できなくても、部下にチヤホヤされなくても、干されてくさってたって

あなたの価値は今の仕事だけでしょうか?

あなたの中にある無限の情報はこの広大なネット海で必要としてる人が必ずいます

美味しかったお店の情報、便利な家事グッズ、ニュースの感想、映画の感想。なんだっていいんです。

 まずはTwitterで発信してみよう

Twitterはらば写真なし短文で投稿できるため文才は必要ありませんし気軽に投稿できるツールです。

まずはフォローしてみよう

しかしあなたのタイムラインを見てくれる人がいなかったら壮大な独り言になってしまいます。あなたのTwitterを誰かに見てもらうにはまずはあなたから誰かをフォローしてみましょう

誰をフォローすればいいの?

ご自身の興味のあることのワードで検索してみてください。

例えばテレビドラマならばそのドラマのタイトル名をいれて検索。ドラマに関してツイートしてるユーザーを無作為にフォローしてみてください。他の方の感想に共感したらリツイートしてみるのもいいですし、ご自身の感想ツイートもきっと誰かの目に止まっていいね!してもらえます。

 輪が広がれば必ずみてもらえる

そうやって少しづつTwitterでフォローを増やしていけばあなたのTwitterは多くの人の目にとまり、あなたが持ってる有益な情報を発信すれば誰かの役に立つかもしれません

 自分の居場所はひとつじゃない

仕事、家庭、友人、リアルな関係性の中で例え居場所がないと感じていてもあなたの居場所は別に作ることができます。

どれかひとつに依存することは危険ですが、少しづつ分散しておくことで、どれかひとつが大きく崩れても自分が無価値だなんて思い込んで落ち込むことはないのです。

 まとめ

いかがでしたでしょうか!

今は個人が気軽に情報を発信できる時代です。思う存分、情報を発信して誰かの役に立っちゃってください!いいねもコメントもつかなかったからなんて落ち込んでませんか?そんなもんいらんのです。あなたの情報は必ず見てもらえてますよ!