タロ子の頭の中

最弱女子の雑記。

フェス「サマーソニックの事前準備2017雨対策バージョン」ー日帰り編ー

どーも!サマソニ大好きタロ子です。

さて、2017年の夏は雨が続いており、例年に比べて涼しいと予想されます。サマソニが雨だったらどうしたらいいのか?そんな疑問にお答えしちゃいます!

超最低限の持ち物

  • チケット
  • 交通手段のチケット(バスツアー・新幹線・飛行機などの人の場合)
  • 財布(現金)
  • スマホ
  • モバイルバッテリー&コード

チケットの忘れはありませんか?!いるんですよねー失くしちゃって当日買い直す人。筆者の友人でも毎年1人はいます・・・。

モバイルバッテリーは持ってきたのに肝心のコードを忘れてしまった!そんな人も多い!気をつけて!

雨対策グッズ

  • レインウェア(100円)
  • サンダル(前方エリアに行くかたは別に運動靴)
  • 折り畳み傘(会場内では禁止です。移動時のみ)
  • タオル

サマソニは野外フェスではなく都市型フェスですし、屋内エリアが沢山あって雨に濡れても屋根のあるエリアに行けば濡れた雨具も乾かせます。フジロックのようにゴアテックスでがっちり装備する必要がありません。その日だけ使って捨ててしまえる100円のレインウェアがオススメです。

雨といえば長靴を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、ここは夏なので思い切ってサンダルにしてしまった方が筆者は楽だと思います。長靴より軽量ですし、素足が濡れたとて拭いてしまえばいいからです。長靴も運悪く水が足元に入ってしまったら結構ダメージでかいです。

駅から会場までの道すがらなどは傘があった方がいいです。会場内では危険ですので傘は畳んでください!

あると便利なもの

晴れると日焼けが心配ですので日焼け止めがあるといいです。同様に晴れると日差しが非常にきついので帽子があると安心です。

雨で気温が下がってるところに汗をかいた服装のままでいると体力が奪われ、風邪を引いてしまう可能性があります。着替えがあると安心です。また予想よりも気温が下がって寒くなってきてしまった場合もTシャツを重ねて着ることで暖かく過ごせます。

雨で足元が濡れた場合、そのままの靴下だと結構辛いので替えの靴下があると安心です。

服装

  • 半袖Tシャツ
  • ハーフパンツ
  • パーカーなどの羽織れるもの(やや厚手がオススメ)

ビーチステージがあるのでサンダルがいいのと足元は前述に雨対策にバッチリですが前方エリアは混み合うため足を踏まれる危険性がグンと高まります。ご自身を守るため運動靴に履き替えましょう。後方でまったり見る方はサンダルのままで問題ありません。

気温がそこまで高くないものの、テンションが上がって暴れると一気に体温が急上昇!暑い〜〜!やはり基本の半袖半ズボンで臨みましょう。

しかし雨で気温が下がり肌寒い可能性もあります。パーカーなどののすぐに脱着できる羽織れるものがあるとこまめな体温調節ができ安心です。

どんなカバンで行くのが正解?

防水製品で行く

お持ちのカバンの中に防水製品のものがあればそちらが一番安全です。雨で中に入れておいたタオルや着替えが濡れてしまうと元も子もないのでしっかり守りましょう

ショッピングバック(ビニール製品)で行く

f:id:katemetal:20170816212132j:image

これだと雨に濡れてもなんともないのでお家に余ってるショッピングバックで行くのいいです。

トートバックで行く

筆者はトートで行くのを実際にやったところ楽だなーと思いました。荷物を持って長時間歩くわけではないので、トートバックにいろいろ詰め込んでおけば、取り出したいとこにサッ取り出せるので便利です

防水製品でない場合は、中の荷物を守るためにビニールを入れるの手です。(その場合はトートは濡れます)

まとめ

いかがでしたでしょうか!雨の場合雨対策グッズで若干荷物が増えますが、最悪会場でビニールレインウェアが売ってるのでそちらでも対応は可能です。ただ、売り切れの可能性もなくはないので事前に対策しておくのが無難ですよ!

合わせて読みたい

サマーソニックのキャンプサイトはお得なのかの考察 - タロ子の頭の中

フェス「サマーソニックは夏フェスのいいとこどりフェス!」-2017編- - タロ子の頭の中

フェス「サマーソニック参加者の熱中症対策を実際に試して検証!」 - タロ子の頭の中

フェス「サマーソニック」初心者向け4つの基本注意事項 - タロ子の頭の中