タロ子の頭の中

最弱女子の雑記。

映画「コロニア」違う意味でホラー

www.youtube.com

 

実話を元にした話なんで
第二次世界大戦中の話かな
とおもったら1973年って。
たった40年前!!
え!マジ!!こんな洗脳施設が40年前!

 

ここのセキュリティ体制が万全だったのか洗脳統制が技術が素晴らしかったのか
それとも毎日飲まされてる薬のせいか
実際に脱走できたのは数人だったらしい
え!決起して反抗しようと思わなかったの!
カルトってコエー!

 

当時の人たちの心境がわからないのでなんともですが映画で描かれる洗脳の仕方はなかなか古典的で(まぁ40年前ですし)
これで洗脳されるもんかね…って謎が。

 

ちなみに実際は映画よりひどかったようで・・・

まじか。

news.yahoo.co.jp

 

静かにスリリング

さて、映画の方は静かに淡々と運ぶのですがサスペンスな撮り方で常に間一髪の事件が起こるのですがそこにBGMやカット割りの多様などの無駄な煽りがなくとにかく淡々となので、そこが逆に展開が読めずに目が離せないドキドキする!
こんなに映画に集中したのは久しぶりです。

エマワトソン目当てで見たのですが
序盤にあるラブシーンはそこまでセクシーなものでもなく。
男優さんも好みではなかったので微妙でした。

エマワトソンが芯のある強い諦めない様子を見せてくれるのかなともおもったけど
あまり感情表現に抑揚がなくてわかりにくかった。(周囲に悟られないように抑えてたにせよ、1人の時は感情爆発させてもよかったんでわは)

映画として面白いかと聞かれたら微妙だけど
この映画の素晴らしいところは
このような恐ろしい施設があった事実を伝えてることだ
愛のむきだしと同じよう
新興宗教、カルトものって面白い


人は集団に属したがる
そしていつでも魂が迷うから
ハッキリと道を示すものに依存して思考を止める
でもそこに幸せはない
誰かを犠牲にして得た幸せは幸せじゃないし
自分で決めたわけではない道は
どこまでも嘘だらけだ